成功を極める

 | 全記事一覧 | 古い記事へ

配信は期間限定です。 294名中294名全員が成功した 正真正銘、再現性100%のノウハウとのこと。 *再現性100%* スマホだけの新しい即金ノウハウ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~成功を極める~この世に生を受けた意味

 世の中に、全く意味なく存在しているものは一つもありません。

事の軽量、大小の差こそあれ、

それぞれの人間の個性に相応しい何かしらの役割を担っています。

たとえ周りの人達から無視され、軽蔑されているような人でさえも、

実は、誰かのためにこの世に送り出されてきたのです。

誰かが彼の事を待っているのです。

ただ、本人が気づかないだけです。

今、思うようにならなくとも、自らの存在価値を信じて疑わず、
自分に期待して、学び続ければ、きっと光が見えてきます。


逆境を乗り越える妨げる最大の敵は“自分自身”なのです。






スポンサーサイト

~成功を極める~周りの評判を気にする必要はあるか?

若い人が頭角を現そうとする時、

優しく、物心両面から応援してくれる人もいます。

しかし、【出る杭は打たれる】で、

周囲を横目にして、群を抜く才能を発揮する者は、嫉妬の対象になります。

「あいつ何か感じ悪いな、あいつ無しでみんなで飲みに行こう」と

仲間を作ってその人を批判するのです。

自分のポストを脅かされる存在になる前に、伸びる芽を摘み取ろうとする上司もいます。

若い人だけでは無く、人の上に立って仕事をしていると批判、非難が浴びせられることもあります。

批判を受けた時、

反発し逆襲するのも方法です。

また、何を言われても、

福沢諭吉から「瘠我慢の説(やせがまんのせつ)」を送られて、

『行いは己のもの。批判は他人のもの。知ったことではない。』

と勝海舟のように聞き流し、相手にしないのも対処法の一つです。

だが、逆襲されたり、無視されたりした相手は、

気持ちが収まるどころか、かえって火に油を注ぐ結果になり、批判は一段と激しくなります。

批判をしてくる相手の言い分の中には、悪意、嫉妬、の発言ばかりでなく、

好意的な忠告や建設的な意見、善意からの批判、非難も含まれている場合もあります。

相手の気持ちを和らげる最良の方法は、

批判者の意見を黙って聞き、感謝の意を、言葉と態度で表すことです。

なかなか難しいことですが、

批判してくる人間と言い争っても良いことは一つもありません。

自分が批判されたときにその人間の人格が現れます。


批判された時にこそ人間の格の違いを見せましょう。




次回は、逆境について考えたいと思います。


~成功を極める~幸と不幸を分けるのは何でしょうか??

 人の幸不幸を分けるものはいったい何なのでしょうか?

 人生のターニングポイント、就職、結婚、

などを何の挫折、波乱もなく、

平穏無事に通過していった人は珍しいのではないでしょうか?

自分の能力、努力だけではどうにもならない事柄は多いです。

良い環境、優秀な仲間、優しい配偶者に出会えたとか、

逆に恵まれなかったなど、


実力以外の要素に大きく影響されるのが人生です。

なので、人間の幸不幸を支配しているのは

“運”や“縁”だと思いがちです。

が、違います。

世の中を見渡すと、幸福を手にしている人は、

与えられた環境で、与えられた仕事で、

より良い結果を心に思い描いて、常に向上しようと努力しています。

未来のイメージが楽観的で希望に満ち溢れているのです。


何か困った問題が起こっても、


自分の能力を試す絶好のチャンスだと考え、

積極的に行動しています。


しかし、不幸を背負っている人は、

何事にも「どうせうまくいくはずない」

と悪い結果ばかりを想像して、消極的になって、

せっかくのチャンスをみすみす逃している。

ちょっとでも失敗すると「もういいや」とすぐに放り出します。

しかし、それはとても勿体無いのです。


幸福と不幸を分けるのは

“運”や“縁”ではなく

“気持ち”や“情熱”なのです。

気持ち、情熱があれば運も縁も手繰り寄せることができるのです。



次回は、人からの嫉妬などを考えたいと思います。

~成功を極める~情報は人を超えるか?

 現在、いい仕事をしている人は例外なく、

専門的な知識、技能、経験などの

【知的財産】の豊富な持ち主であると同時に、

専門外の仕事の情報を提供し、

異なる分野の専門家を快く紹介してくれる

【人的財産】の所有者、

幅広い人脈の持ち主でもある。


 情報社会でのビジネスに欠かせないのが、

様々な分野の情報を伝えてくれる太いパイプである。

新聞、雑誌、書籍などの活字も重要だが、

その分野で実際に仕事に取り組んでいる人の話、経験、に学ぶべき情報が多くある。

難しい問題を解決するための情報知識を持っているだけでなく、

どう行動したら早急に困難を克服できるか?

という情報知恵を持ち合わせているのが現場で働く人間である。



 最大の情報源は【ヒト】であり、

人脈による充実した情報ネットワークの有無がその人の将来を大きく左右する。

成功への階段を駆け上がるためには自分が欲しい情報を過不足なく教えてくれたり、

有益なアドバイスを率直にしてくれる【ヒト】を何人持っているかが最重要である。



あなたには誰にも負けない知的財産を超える人的財産がありますか?


次回は、幸と不幸から学ぶものについて考えたいと思います。

~成功を極める~批評

 人材には必ず瑕瑾あり、瑕瑾なき人材はなすに足らず

荻生徂徠の言葉といわれる。

“瑕”も“瑾”も美しい珠にあるキズ、欠点、短所。

役に立つ人間には必ず欠点がある。欠点の無い者は役に立つ人間とは言えない。

と言っています。

他人を批評する行為は、かなりの精神的エネルギー、知識、教養、
を総動員しなければ的確にできない創造的な作業。

創造性の“創”には“キズ”の意味もあります。

批評の語源もまた“キズ”です。

“創造性”と“批評”はキズ、欠点、短所によって一つの輪として繋がっています。

 批評は本来、創造的な作業であり、長所を見つける役割も担っています。

しかし、単に欠点をあげつらうだけの作業になりがちです。

珠の“瑕瑾”ばかりに目がいき、あら捜しに終わって、珠の“美しさ”を見失ってしまう。

利点欠点、長所短所は表裏一体。
太陽の当たる部分と影の部分です。


肯定的にとらえると、マイナス思考はしなくなり、何事も良い方向に回転していきます。

行動も積極的になり、成功の可能性も高くなります。


次回は、自分の財産は何か?について考えたいと思います。

検索フォーム

RSSリンクの表示

金持ちへの道

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。