~成功を極める~周りの評判を気にする必要はあるか? | 成功を極める

ホーム > スポンサー広告 > スポンサーサイト成功を極める > ~成功を極める~周りの評判を気にする必要はあるか?

 | 全記事一覧 | 

配信は期間限定です。 294名中294名全員が成功した 正真正銘、再現性100%のノウハウとのこと。 *再現性100%* スマホだけの新しい即金ノウハウ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~成功を極める~周りの評判を気にする必要はあるか?

若い人が頭角を現そうとする時、

優しく、物心両面から応援してくれる人もいます。

しかし、【出る杭は打たれる】で、

周囲を横目にして、群を抜く才能を発揮する者は、嫉妬の対象になります。

「あいつ何か感じ悪いな、あいつ無しでみんなで飲みに行こう」と

仲間を作ってその人を批判するのです。

自分のポストを脅かされる存在になる前に、伸びる芽を摘み取ろうとする上司もいます。

若い人だけでは無く、人の上に立って仕事をしていると批判、非難が浴びせられることもあります。

批判を受けた時、

反発し逆襲するのも方法です。

また、何を言われても、

福沢諭吉から「瘠我慢の説(やせがまんのせつ)」を送られて、

『行いは己のもの。批判は他人のもの。知ったことではない。』

と勝海舟のように聞き流し、相手にしないのも対処法の一つです。

だが、逆襲されたり、無視されたりした相手は、

気持ちが収まるどころか、かえって火に油を注ぐ結果になり、批判は一段と激しくなります。

批判をしてくる相手の言い分の中には、悪意、嫉妬、の発言ばかりでなく、

好意的な忠告や建設的な意見、善意からの批判、非難も含まれている場合もあります。

相手の気持ちを和らげる最良の方法は、

批判者の意見を黙って聞き、感謝の意を、言葉と態度で表すことです。

なかなか難しいことですが、

批判してくる人間と言い争っても良いことは一つもありません。

自分が批判されたときにその人間の人格が現れます。


批判された時にこそ人間の格の違いを見せましょう。




次回は、逆境について考えたいと思います。


コメント

この記事へのコメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

RSSリンクの表示

金持ちへの道

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。